mederu(メデル)の美顔鍼とは?

顔に負担の少ない極細鍼
お顔に負担の少ない短い極細鍼です。

 

mederu(メデル)の美顔鍼とは?

 

~「痛いのはイヤだけど、キレイになりたい」を叶える美顔鍼を~

 

今、海外そして日本でも流行りの美容鍼。鍼灸院や美容鍼専門のサロンさんによって、やり方もまちまちだと思います。

 

ederu(メデル)の美顔鍼は、太いのを沢山刺してメチャメチャ痛いけど、その後スッキリする、というものではなくできるだけ痛みや刺激をおさえながら効果を出すことを重要視しています。

 

恵比寿鍼灸マッサージルームmederu(メデル)の美顔鍼のこだわりは、

「お顔は一生もの。大切に、丁寧に、やさしく扱う」ということ。

お顔に使う鍼の太さは、鍼メーカー(セイリン社)で一番細い、極細の直径0.10mm。

髪の毛より細い位で、鍼の長さも15mmと短いので、刺入後もぶら~と垂れないので安定感があります。

そして、刺入した鍼を置く時間を10~15分と長めに置鍼することで、効果を促します。

もっと太い鍼で行えば、置鍼時間も少なくて済みますが、

お顔は他の皮膚に比べて、とってもデリケート

できるだけ、痛みや刺激をおさえて、大切に大切に扱いたいものです。

美容鍼を受けてみたいけど、鍼は怖いなぁと思う方、

今まで美容鍼を受けたことがあるけど、痛くて大変だったという方にもオススメです。

また、お顔をゴリゴリ擦るのはNGです。お顔は身体などの皮膚に比べて薄く、

毛細血管が多く、とても繊細です。激しく擦ることで、その場で小顔になるかもしれませんが、

長い目で見るとシミ、シワ、たるみくすみの原因にも。

以前流行っていたローラーでゴリゴリもお勧めしません。

 

恵比寿鍼灸マッサージルームmederuで使用する美容鍼について
上:爪楊枝 中:身体用鍼 下:美顔用鍼

●美顔鍼は、顔の①筋肉+②真皮層+③ツボへアプローチ。

    筋肉アプローチ

コリなどで固くなった筋肉に鍼をすることで、収縮した筋肉がゆるみ、シワの改善や血行促進、老廃物を流します。

    真皮層アプローチ

コラーゲンの生成をうながし、皮膚に潤いを与えます。

    ツボ(経穴)、経絡へのアプローチ

ツボ(経穴)の特性を生かし、内臓へも働きかけ、身体を内側からキレイにしていきます。

ederu(メデル)の美顔鍼は、①②③+α

当然ながら顔と身体は、皮膚や筋肉、経絡でもつながっています。

胃腸が弱いと、たるみやほうれい線の原因に、便秘だと吹き出物が出やすく、

気血の巡りが悪いとお顔のむくみにも関係してきます。

恵比寿鍼灸マッサージルームmederu(メデル)の美顔鍼は、

たるみやシワ、毛穴の開きなど、個々の患者さんのお悩みに合わせた顔のツボ(経穴)と一緒に、頭や首にも数本行います。また、その根本原因と思われる内臓などに働きかけるため、身体にも1、2本鍼をします。

お身体を整えると、自然とお顔のくすみやたるみも改善されますので、お顔から身体も根本的に見直したい、

効果をキープしたい、という場合は、全身を整える全身調整コースと一緒に美顔鍼をお受け頂くと、より効果がアップし、

美顔効果も持続します。